【口コミ・評判】クラウドWiFi東京は繋がらない?向いている人は?

【口コミ・評判】クラウドWiFi東京は繋がらない?向いている人は?

昨今、モバイルWiFiのクオリティや技術が向上する中で、SIMカードが不要でdocomo・au・Softbankの大手3キャリアのエリアをすべて使うことができ、リーズナブルに利用できる「クラウドWiFi東京」が注目を浴びています。

クラウドWiFi東京は様々なメリットがある一方で、回線速度や通信制限などのデメリットも存在するため、人を選ぶサービスであると言えます。

この記事では、クラウドWiFi東京の概要やメリット・デメリットに加え、通信制限や速度についての口コミや、どんな人に向いているかについて紹介します。

この記事を読めば、クラウドWiFi東京を始める上での疑問点が解消され、利用を始めるかどうかの判断ができるようになりますよ。

後悔しないポケットwifi選び

【最新版】ポケットWiFiの選び方とおすすめの機種5つを比較!

2020.10.13

1.クラウドWiFi東京とは【基本情報】

1.クラウドWiFi東京とは【基本情報】クラウドWiFi東京とは、株式会社ニッチカンパニーにより提供されているポケットWiFiです。

ちなみに「クラウドWiFi東京」とは旧名であり、現在は「クラウドWiFi」として提供されています。旧名を利用している人も多いため、本記事では「クラウドWiFi東京」と表記します。>
ここからはサービスの仕様について、詳しく確認していきます。

月額料金や解約金は?

クラウドWiFi東京の月額利用料金は3,718円(税込)です。

また、解約金がいつでも無料なことが大きな魅力となっており、普段使いはもちろんのこと、出張や海外旅行の間のみでも利用しやすくなっています。

通信制限はある?

クラウドWiFi東京の毎月の通信量限界は端末ごとに異なります。

利用できる端末は従来型の「U2s」と最新型の「U3」の2種類で、U3端末では通信量が毎月100GBまでと公式サイトで明言されています。

一方、U2s端末では通信量について明記されておらず、「100GB最低保証」という扱いになっています。

また、他社のモバイルWiFiで時折見られる「3日間に○○GB使うと低速化」などの短期間の制限はなく、毎月の通信量の範囲ならどれだけ使っても問題ありません。

【口コミ調査】U2s端末は100GB以上使える?

公式サイトでは「100GB最低保証」とされており、毎月使える通信量の限界が分かりにくいU2s端末ですが、その実態はどれほどのものなのでしょうか。ユーザーの口コミを調査してみました。

月300GBなど大容量の通信ができた月もあったものの、使用する通信量が増えるほど制限が厳しくなっているようです。

100GBまで使えることは確実ですが、それ以上の通信量の利用を期待することは難しそうです。

対応エリアは?

クラウドWiFi東京は、au、docomo、SoftBankの3大キャリア回線のうち、その場で最も安定して使える回線に接続する仕組みになっています。そのため、この3キャリアが対応している場所ならどこでも使うことができます。

また、クラウドWiFi東京は海外利用にも対応しており、世界135ヵ国で使うことができます。海外利用の料金は場所によって変わりますが、例えばベトナムだと1日700円、アメリカだと1日1,050円です。

各国での利用料金については、公式サイトを確認してください。

海外利用について|クラウドWiFi

端末の違いは?

クラウドWiFi東京では通信量制限の違う2種類の端末があると伝えましたが、その他の違いについては以下のとおりです。

  U2s端末 U3端末
通量制限量 月間100GB最低保証 月間100GBまで
月間料金 3,718円(税込)
初期費用 税込4,378円(初月のみ) 税込3,300円(初月のみ)
同時接続台数 5台 10台
バッテリー容量 3500mAh 3000mAh
対応コネクタ Micro USB USB Type-C
端末サイズ 12.7×6.6×1.4cm 12.6×6.6×1.0cm
端末重量 149g 125g
連続使用可能時間 約12時間
最大通信速度 下り速度最大150Mbps、上り速度最大50Mbps

最新型のU3端末の方が初期費用が安く、より始めやすくなっています。

また、通信量の他に接続台数やバッテリー容量、対応コネクタなどの違いがありますが、通信速度に違いはありません。

2.他社と比較!クラウドWiFi東京3つのメリット

2.他社と比較!クラウドWiFi東京3つのメリットここまで、クラウドWiFi東京の特徴についてお伝えしました。

ポケットWiFiは一見似たようなサービスも多いため、どれを選べばいいか分かりにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。

ポケット WiFi選ぶに迷っている場合は、各社のメリットをしっかりと押さえることで、自分がポケットWiFiに求める条件を整理することができますよ。

ここからは、クラウドWiFi東京を使うメリットについて下記3点を紹介します。

  1. 契約期間の縛りがなく、解約金がかからない
  2. 月額料金が安い
  3. 海外利用でのサポートが充実している

それぞれ解説します。

メリット1.契約期間の縛りなし、解約金がいらない

クラウドWiFi東京の最大のメリットは契約期間に縛りがなく、いつでも解約できる上に、解約金がかからないことです。

最初の1ヶ月間のみ、最低利用期間として設定されていますが、それ以降は契約期間の縛りがありません。それにより違約金が発生しないことになります。

解約料金もかからないため、自分に合わないと感じたらいつでも手軽に解約することができます。

他社例として、Y!mobileやdocomoのポケットWiFiは契約期間が2年更新で、解約違約金として10,450円(税込)かかります。

また、Mugen WiFiやTHE WiFiなど、最初の2年間の契約期間を超えたあとは5,000円〜10,000円ほど必要だった違約金がゼロになるサービスもあります。

しかし、最初の1ヶ月だけ使えばその後は追加費用不要でいつでも解約できることは、クラウドWiFi東京の大きな魅力といえます。

メリット2.契約期間の縛りがないのに月額料金が割と安い

契約違約金がないとなると、月額料金が高くなるのではと気になる人も多いかもしれませんね。
実は、クラウドWiFi東京の月額料金は常に3,718円(税込)と非常にリーズナブル。

同じように契約期間の縛りがなく、月間100GB利用できる、もしくは月間のデータ通信量に制限がない他社のモバイルWiFiの月額料金と比べてみましょう。

会社名 月額(税込)
クラウドWiFi東京 3,718円
どこよりもWiFi 3,900円
UQ WiMAX 4,268円
ZEUSWiFi 4,708円

クラウドWiFi東京が最安値だということが分かりますね。

メリット3.海外での利用のサポートが充実している

クラウドWiFi東京のもう一つのメリットは、世界135カ国で日本と同じようにWiFiを利用できる点です。

海外で使えるレンタルモバイルWiFiもありますが、利用するには空港や現地の店舗で利用手続きをするなどの手間がかかります。

一方、クラウドWiFi東京では現地で端末の電源を入れるだけ使えるので、主張や旅行などでも役に立ちそうです。

3.要注意!クラウドWiFi東京2つのデメリット

3.要注意!クラウドWiFi東京3つのデメリット使い勝手も良く、リーズナブルに利用できるクラウドWiFi東京ですが、他社と比較して以下2つのデメリットも存在します。

  1. 端末の返却が必要
  2. 初期費用が比較的高い

これらは他社のサービスの中でも見られるものであり、クラウドWiFi東京に限ったものではありません。

しかしながら、デメリットを確認しておくことで自分にとってどんなサービスが合っているかを考えるきっかけになります。

改めて、しっかりと確認しておきましょう。

デメリット1.端末の返却が必要

クラウドWiFi東京の端末はレンタルであるため、解約した場合はレターパックなどで郵送し、返却する必要があります。

他社のサービスの中には端末が返却不要で、解約後も他社 WiFiに乗り換えて端末をそのまま再利用できるものもあるため、返却が必要な点はクラウドWiFi東京のデメリットといえるでしょう。

デメリット2.初期費用が比較的高い

他社モバイルWiFiの初期費用を確認すると、3,300円(税込)がほとんどです。

クラウドWiFi東京でも、U3端末の初期費用は3,300円(税込)ですが、U2s端末の初期費用は4,378円(税込)と割高になっています。

他社のサービスの中には、hi-ho Let’s WiFiやBroad WiMAXなど、初期費用に割引やキャッシュバックなどが発生するものもあります。

初期費用を少しでも抑えたい人にとっては、クラウドWiFi東京のプランは割高に感じられるかもしれません。

他社のポケットWiFiとの比較をしっかりと確認したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

ポケットWiFiランキング-アイキャッチ

【41プラン比較】本気で厳選!安いポケットWiFiランキング|2021年5月最新

2020.12.1

4.クラウドWiFi東京の良い口コミ・評判まとめ

4.クラウドWiFi東京の良い口コミ・評判まとめここまで、クラウドWiFi東京の概要についてまとめてきましたが、実際に利用した人の声が気になりますよね。

そこで、インターネット上で見られるクラウドWiFi東京の評判や口コミについて、肯定的なものと否定的なものそれぞれについてまとめました。

インターネット上では以下のようなよい口コミについて確認することができました。

  1. 端末が契約後すぐに届いた
  2. しっかりと速度が出ている

それぞれ紹介します。

端末が契約後すぐに届いた

北海道在住のこちらのユーザーは、契約後2日でクラウドWiFi東京が届いたようです。

全国ですぐに使えることが伺えますね。また、クラウドWiFi東京の解約金無料という仕様のおかげで安心して試すことができそうです。

しっかりと速度が出ている

ネット回線情報についてまとめているこちらのユーザーは、クラウドWiFi東京でしっかりとした回線速度が出ていたことを確認したようです。

ただ、条件によって通信速度は変わる可能性について懸念も感じられます。

5.クラウドWiFi東京の悪い口コミ・評判まとめ

5.クラウドWiFi東京の悪い口コミ・評判まとめここからは、クラウドWiFi東京の悪い口コミと評判について紹介します。

全体的に速度が遅い、繋がらなくなったという不満も目立つ一方で、逆の意見があることも事実です。条件や端末によって速度に差があるという実態もあるようです。

ネット上では、以下のような口コミが見られました。

  1. 速度が遅い
  2. 端末の不良による影響も

それぞれ紹介します。

速度が遅い

こちらのユーザーは、クラウドWiFi東京の回線速度に不満があるようです。

在宅期間が増えて安定したWiFiが生活に必須のものとなったこともあり、回線速度が安定しているかどうかはますます気になるところです。

端末の不良による影響も

こちらのユーザーは、端末を何度再起動しても回線に繋がらなくなったとのこと。

月間の通信量を守っていたとしても、端末不良や電波障害が多くなると快適な利用が難しくなりそうです。

6.クラウドWiFi東京がおすすめ・おすすめではない人

6.クラウドWiFi東京がおすすめ・おすすめではない人ここまでクラウドWiFi東京のメリットとデメリット、評判や口コミについてそれぞれ確認しました。

クラウドWiFi東京は他社にはない魅力を持っている一方で、端末や環境によっては通信速度や初期不良などが発生するなど、不安定な面もあると言えます。

それらを踏まえて、ここからはクラウドWiFi東京がどんな人におすすめか、あるいはおすすめでないのかについてまとめます。

クラウドWiFi東京がおすすめな人

クラウドWiFi東京がおすすめな人は下記のような人です。

  1. ・契約期間がなく、解約金もかからないモバイルWiFiを使いたい人い
  2. ・利用してから自分に必要かどうか判断したい人
  3. ・海外での利用を検討している人

クラウドWiFi東京は契約期間もなく、解約金もかからないので、モバイルWiFiを初めて使う人にもおすすめです。

万が一、モバイルWiFiはいらないと途中で思っても、無料で解約することができるので安心ですよね。

また海外135ヶ国での利用にも対応しているため、今後海外出張や旅行を視野に入れている人にもおすすめできるサービスです。

サポートセンターも365日24時間対応してくれるので、何か困ったことがあったらすぐに連絡するようにしましょう。

少しでも気になる人は、まずは使ってみてから自分に合うかどうか判断してみてはいかがでしょうか。

\ クラウドWiFi東京をまずは1ヶ月試してみる /

クラウドWiFi東京がおすすめではない人

クラウドWiFi東京をおすすめできない人は、以下のような人です。

  1. ・負荷のかかる通信を使う場面が多い人
  2. ・制限のないWiFiを期待している人

クラウドWiFiのU3端末は通信量が100GBで固定されていますが、U2s端末では「100GB最低保証」となっています。

ユーザーの口コミをみると、多いときには300GBほどの通信量を利用できたケースもありました。

しかしながら、あくまで保証されているのは100GBであり、無制限に使えるわけではありません。保証以上の通信量は期待しない方が賢明でしょう。

月間100GBで足りない量のインターネットを利用したい人は、固定回線の導入を検討しましょう。

7.クラウドWiFi東京を申し込む前の注意点

7.クラウドWiFi東京を申し込む前の注意点ここまで、クラウドWiFi東京についての情報をお伝えしてきた中で、自分のライフスタイルに合っていると感じ、興味が湧いた人もいるのではないでしょうか。

ここからは、クラウドWiFi東京を検討している人に向け、利用を開始する前に確認しておくべき注意点についてまとめました。

「こんなはずでは」とならないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

入荷がないことも

緊急事態宣言の影響もあり、日によって端末の入荷が無くなるケースも増えているようです。一時期は1ヶ月以上の入荷待ち状態になっていたようですが、現在は概ね解消されているようで

しかし、予想外のタイミングで入荷がなくなることもあるため、契約したい場合は時間に余裕を持って行いましょう。

発送タイミングに注意

クラウドWiFi東京は、平日14時までの申込みで当日発送をしてくれます。

一方、14時以降の申し込みだと翌日発送になり、また土日祝日は発送が行われていません。すぐに端末を利用したいと考えている場合は予め注文するタイミングに注意しましょう。

8.  クラウドWiFi東京のよくある質問

8.  クラウドWiFi東京のよくある質問ここからは、クラウドWiFi東京を利用する上でよくある、以下の3つの質問についてお伝えします。

  1. ・解約方法は?
  2. ・100GBって実際どうなの?
  3. ・端末の保証はある?

これらのよくある質問についてあらかじめ把握しておくことで、利用する前の不安がより解消されますよ。

他社のポケットWiFiの利用を検討している場合でも役立つ情報なので、しっかりと確認しておきましょう。

それぞれ順番に解説します。

解約方法は?

クラウドWiFi東京は、契約して最初の1ヶ月が経過するといつでも解約できるようになります。

解約の依頼は、公式サイトの問い合わせフォームから出すことが可能です。電話など、このフォーム以外からの依頼はできないので注意しましょう。

また、解約の締め切りは毎月15日であり、それを超えると翌月の解約となります。

解約の際には端末の返却が必要です。返却を忘れると25,000円の損害金が発生するので気を付けましょう。

100GBって実際どうなの?

クラウドWiFi東京では、どちらの端末でも月間100GBの利用が可能です。ただ、数字だけだとどれくらいの利用が可能なのか分かりづらいと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで、100GBの通信量の実際の利用イメージについてまとめました。

  • YouTubeなどで標準画質(512Kbps)の動画を約440時間視聴可能(1日あたり約14時間)
  • 「Apex Legends」などの大人数参加型のオンラインゲームを約200時間プレイ可能(1日あたり7時間弱)

以上の利用イメージで考えると、月間100GBの通信量は一般的な利用頻度なら問題なく快適にインターネットを使える数値であることが理解できます。

端末の保証はある?

クラウドWiFi東京の端末はレンタルであるため、故障や紛失をしてしまった場合は

27,500円(税込)の損害金が発生します。そのため、クラウドWiFi東京ではU3端末に対しては下記2種類の安心保障プランが用意されています。

  • 安心保障ライト:月額275円(税込)。故障・水没の場合のみ損害金が16,500円(税込)に減額。
  • 安心保障フル:月額550円(税込)。すべてのトラブルに対して全額保障。

また、U2s端末には、下記1種類の補償オプションがあります。

  • 安心保障:月額440円(税込)。水濡れ・故障は無料、紛失・盗難は16,500円(税込)に減額。

安心して使うためにも、安心保障プランの検討を考えたいところです。

クラウドWiFi東京は解約無料を活用しよう

クラウドWiFi東京は解約無料を活用しようクラウドWiFi東京は、端末や環境によっては回線が不安定になる可能性もある一方で、月間100GBのインターネット回線をいつでも解約できる状態で、かつ世界中で使うことができます。
さまざまな口コミや評判をみると本当に快適に使えるのか迷ってしまうかもしれません。

そのようなときは、クラウドWiFi東京の最大のメリットである「解約無料」をフル活用し、是非とも一度導入してみてはいかがでしょうか?

\ クラウドWiFi東京を契約してお得にインターネットを楽しむ! /

二度と迷わないポケットWiFiの選び方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です